MENU

急いでいるからといって、どこでも手を出さないことが大事です。

あなたがもし、どこかの企業に正社員として入社したとなると、これまでのアルバイトの時とは異なり、人との交流も増えてきます。それに伴い、出費も重なることにもなりますので、気付いた時にはお金がなくなることも考えられなくもありません。このような時、あなたの一時的な助けとなってくれるのが、キャッシングであります。

 

ただ、キャッシングをするにはその前に審査というものがあるのですが、その審査も以前と比べ非常に短時間で終わるようになっていて、早い方ですと、お申し込みをした当日中に終わり、お金を受け取ることが出来ると言われています。「少しでも早くお金を受け取りたい」という方は、このように、申し込んだ当日中にお金を受け取れることを売りとしている会社に申し込まれると良いでしょう。しかし、このような便利なサービスの反面、いくつか気を付けて頂きたいことがありますので、ここでご紹介しておきます。

 

最短時間で借入れできるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

借入れ金額は小額にしておく

まず、1点目として、借りる金額は少しでも小さくするということです。お金が足りなくなると、慌てふためいてしまったり、少し余裕を持てる金額を借りたくなる気持ちも分かりますが、ここは今必要な分だけを借りるべきです。

 

というのも、借りたお金というのは、絶対に返済しなければならず、尚且つそれに加えて、利息も支払っていくことになります。当然、利息は借入したお金に対して、定められた割合で要求されるものですから、借りる金額が大きくなることによって、その分、返済が苦しくなるのは明らかです。

 

小さい会社より有名な大手の会社で借入れする

2点目としては、小さな会社より大きな会社で借りましょうということになります。これは、小さな会社が絶対駄目だというわけではなく、大きな会社であれば、利息等の取り決めもきちんと行われておりますので、返済日に多額な額のお金を請求されるという心配がありません。その反面、小さな会社では、しっかりと業務が行われている会社が多数存在する一方で、闇金融と呼ばれる悪い会社も存在するわけです。お金がないと焦ってしまい、「今自分が借りようとしている会社が大丈夫なのか?」ということまで調べている余裕はないかもしれませんが、こういったことを怠ってしまっては、闇金融に引っかかってしまうことも考えられます。

 

ですから、きちんと調べて頂き、出来れば、大きな会社から借りるようにした方が安全でしょう。3点目は、借入する目的であります。最近、別の会社の返済分に充てるという方が意外に存在すると言われています。借金の返済をするために、また別の会社で借金をしてしまっては、利息分が大きくなり過ぎてしまい、いずれはどうすることも出来なくなることも考えられない話ではありません。これを防ぐためには、やはり返済の計画を立てた上で、お金を借りるということに他なりません。そこで、きちんと返済が出来そうであれば、借りても問題ないですが、万が一出来そうにないなら、無理に借りようとはせずに、法的手段に頼るというのも一つの手であります。

 

返済はできる限り早めにする

4点目は、3点目と関連して返済についてですが、めでたく当日中にお金を借りることができ、危機を脱出出来たなら、その分は可能な限り、極力即座に返しましょうということになります。ご存知かとは思いますが、キャッシングしたお金の利息分は1年の365日、もしくは366日で割った金額が借りた日数分だけ加えられていくことになりますので、極力早く返してしまった方が結果的にあなたを楽にすることになります。さらに、キャッシング会社をじっくり見ていくと、初めてのご利用に限り、30日間は利息がかからないといったような会社も存在しますので、そういう会社を上手に利用して、利息を全く払わないようにすることが出来ればいうことありません。

 

今回、冒頭でご紹介した当日中にお金を借りるということですが、先ほども申し上げた通り、そういった状況下では慌てふためいてしまい、冷静ではいられなくなるのも分かりますが、上記で取り上げた4点を忘れてしまっては、返済の時に非常に困ってしまうことにも繋がりかねません。急いでいる時ほど、慎重にならなければいけないのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日