MENU

キャッシングは本人確認書類1つでOK! でも…収入証明書類が必要なことも!?

即日キャッシングの申込をするときには、通常のキャッシングサービス利用時と同様に必要書類の提出が求められます。

 

このとき、必ず提出しなくてはならないのが「本人確認書類」です。本人確認書類とは、“公的機関により発行された、あなたがあなたであることを証明する書類”のこと。「運転免許証」、「パスポート」、「健康保険証の写し」、「住民票の写し」といったものがこれにあたります。

 

なお、キャッシング申込では、そのうちの1つがあればOK!普段運転をされている方は常に運転免許証を持ち歩いているはずですから、持っている免許証を提示するのが最も手っ取り早いでしょう。また、運転免許証がない方は、パスポート・健康保険証の写し・住民票の写しのうち、どれか1つを用意・提出すれば大丈夫です(なお、住民票に関しては取得に時間がかかることもあるため要注意)。

 

繰返しになりますが、本人確認書類は1種類あればOK!自分が、一番ラクに用意できる書類を準備して提示してください。

 

最短時間で借入れできるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

キャッシングに必要になる書類について

たいていの場合、キャッシングで提出が求められるのは本人確認書類1つのみ!つまりキャッシングは、運転免許証やパスポートといった身近な書類を提出するだけで気軽に利用できるというわけです。

 

ただし、ときとして本人確認書類以外の書類が必要になることも…。実は、消費者金融での借入においては、借入額が50万円を上回る場合、申込時には「本人確認書類」に加え、もうひとつ「収入証明書」の提出が求められるのです。

 

このように、借入希望金額の条件などによっては、「本人確認書類」と「収入証明書」という2種類の書類が必要になるため、まとまった金額の借入を検討されているのならば、しっかり収入証明書の用意も前もってしておくと良いでしょう。

 

また、サラリーマンなどに比べて給与が不安定になりがちなフリーランスの方などについては、希望額が50万円未満のときにも収入証明書が必要になることもあるため、借入申請をするときには、念のため書類を2つ用意しておくことをオススメします。

 

さて、収入証明書として使える書類は何か…この答えは、皆さんの働き方によって変わります。サラリーマンや公務員といった給与所得者なら、収入証明書にあたるのは「給与明細」や「源泉徴収票」になるでしょう。また、自営・フリーランスという働き方をされているのならば、収入証明書として使える書類は「確定申告書」や「課税証明書」になります。

 

何れにせよ、直近の新しいものを用意してください(「給与明細」については直近数ヶ月分の提示が求められることがあります。利用したい金融機関を決めたら、HPなどで審査に必要な書類をしっかり調べましょう)。

 

ちなみに、銀行カードローンでは、たいてい(銀行は消費者金融と異なり貸金業法の対象外のため)借入額が数百万円に達しないかぎり収入証明書の提示は求められません。ですから、書類の準備をする時間がないときには、銀行サービスの利用を考えてみるという手もありますね。

 

書類の提出方法

最後に、書類の提出方法について触れておきましょう。近年、Webをつかって(店舗に足を運ぶことなく)借入の手続きができるサービスが広がっています。

 

こうしたWeb申込の際には、どのように書類を提出したらいいのかと疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。Web申込では、”画像の添付・アップロード”という方法で書類の提出を行います。

 

従来通り「郵送する」という選択肢もありますが、素早く借入したいのであれば、「スマホなどで撮影した必要書類の画像をメールに添付・アップロードする」という方法を選びましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日