MENU

キャッシング返済における注意部分等について説明

キャッシングを利用すると必ず金利が付きますが、これは利率制限法によって決められている範囲で設定されます。借り入れ金額による金利の上限は利率制限法によって、以下のように設定されています。〜10万円未満 年利20%10万円〜100万円未満 年利18%100万円〜 年利15%ですがこれは利率制限法上の話であり、特別な契約をして出資法をいう別の法律を適用した貸し付けを行っていた業者が存在しました。その法律...

キャッシング会社で、滞納を繰り返したり、債務整理すると、事故情報として信用情報機関に登録されます。この信用情報は、各キャッシング会社が顧客の情報を管理しているだけではなく、信用情報機関というところに登録して、加盟している金融機関同士で情報を共有しあうというものです。信用情報機関イコールブラックリストということではなく、申し込み情報から事故情報まで全ての情報が登録されている機関なのです。その情報機関...

キャッシングの審査の時には必ず信用情報のチェックがあります。お金を貸すという事は、相手にきちんと返済する能力があるかどうかを確かめた上で、信用に値すると判断されなければなりません。キャッシングはもちろんのこと、各種ローンやクレジットカードなどを申し込むと必ずその利用状況に関する詳細は個人信用情報機関に登録される仕組みになっています。その後は、月々の返済状況についても記録されていく事になります。この...

高額の融資を受ける際に必要なことになる保証人ですが、この保証人には2種類あります。1つは「保証人」で、もう2つは「連帯保証人」です。消費者金融からのキャッシングでは必要になりませんが、銀行からの融資や各種のローンを組んだ際にはこれらの保証人を立てることを要求されることがあります。言葉だけでは分からないと思いますので、この2つを違いを説明します。保証人融資を受ける際に必要に応じて立てる、本人以外の人...