MENU

グレーゾーン金利とはどういうもの?

キャッシングを利用すると必ず金利が付きますが、これは利率制限法によって決められている範囲で設定されます。

 

借り入れ金額による金利の上限は利率制限法によって、以下のように設定されています。

 

  • 〜10万円未満 年利20%
  • 10万円〜100万円未満 年利18%
  • 100万円〜 年利15%

 

ですがこれは利率制限法上の話であり、特別な契約をして出資法をいう別の法律を適用した貸し付けを行っていた業者が存在しました。その法律を適用した場合、上限金利は年利29.2%までの設定が可能になります。

 

この利率制限法の上限を超え、出資法の上限までの間の金利をグレーゾーン金利と呼びます。

 

グレーゾーン金利はどうなった?

このレーゾーン金利での貸し付けは、主に個人で営んでいるような貸金業者、もしくや闇金と呼ばれる悪質業者で多く見られました。普通の消費者金融からの借り入れが出来なくなってしまった人を狙い、高金利での貸し付けを行っていたのです。

 

個人に対し、本来キャッシングの際に適用する利率制限法ではなく、出資法を適用していたのも問題ですが、この出資用自体が2010年6月18日に改正され、金利の上限が利息制限法と同じく年利20%になりました。これにより、グレーゾーン金利は撤廃されました。

 

またこの出資法の改正と共に貸金業法も改正され、利率制限法を超える金利での貸し付けを行った場合、貸金業法違反になり処罰の対象となりました。こういった法律の改正に伴って、利率制限法の上限を超えた金利での借り入れを余儀なくされていた利用者は、その分の金利の返還請求が出来るようになりました。これがいわゆる「過払い金請求」です。

 

請求できるのは、年利20%を超えて29.2%までの分の金利です。例えば金利29.2%での貸し付けを行っていた場合、過払い金請求に依り、9.2%分は返還しなくてはいけなくなりました。キャッシングを利用する場合、まずきちんとした業者を選択することが大切です。現在ではネットからの申し込みが出来る業者もあり、気軽に利用できるようになりましたが、審査がすぐに終わるような業者には注意が必要です。きちんとした業者は審査もきちんと行いますので、それなりに時間が掛かります。

 

現在でも高金利の貸し付けはある!

このように法律が改正され、現在では利息制限法を越えた貸し付けを行っている業者はきちんとしたキャッシング会社では存在しませんが、中には未だにグレーゾーンとは関係なく、年利20%を超える金利での貸し付けを行っている街金、闇金と呼ばれる悪質業者が存在します。

 

名前を一度も聞いたことがなく、審査が甘いような業者には特に注意です。キャッシングを利用する際には大手の業者を利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日