MENU

保証人と連帯保証人は違います!

高額の融資を受ける際に必要なことになる保証人ですが、この保証人には2種類あります。1つは「保証人」で、もう2つは「連帯保証人」です。消費者金融からのキャッシングでは必要になりませんが、銀行からの融資や各種のローンを組んだ際にはこれらの保証人を立てることを要求されることがあります。

 

言葉だけでは分からないと思いますので、この2つを違いを説明します。

 

保証人

融資を受ける際に必要に応じて立てる、本人以外の人物です。もし借り入れを受けた本人が返済不能になってしまった場合、その代わりに残りの融資額を返済する必要があります。ですが本人に返済できる能力がある間は支払いの義務はありません。

 

連帯保証人

融資を受ける際に必要に応じて立てる、本人以外の人物です。高額の融資の場合はこちらの方を要求されることがあります。保証人と同じく借り入れを受けた本人の代わりに融資額を返済する必要がありますが、借り入れを受けた本人と同等の立場となる為、本人よりこちらの方が支払えると判断された場合、本人を通さずに直接こちらに支払いを求めることが出来ます。また本人に支払い能力があったとしても、こちらに支払いを要求することができます。この支払い要求に対して一切拒否することは出来ません。

 

両者にはこのような違いがあります。連帯保証人の場合は融資を受けた時点から本人と同等の立場になると覚えておいてください。

 

キャッシングの際にも必要?

消費者金融からキャッシングに対してはどちらも必要にはなりません。キャッシングは無担保・保証人なしで、本人の責任で利用するのが基本です。銀行からの融資でも一般的なカードローンではまず要求されることはありませんが、個人事業者への融資の場合、融資金額が多くなると要求される可能性があります。

 

また目的別のローンでは、最初から保証人を要求されるのが一般的です。車のローンやブライダルローンなどがそれに当たります。融資金額もキャッシングと比べて高額になりますので、融資を行う側も慎重になる為です。逆に保証人になってくれる人がいる場合、このような目的別のローンを利用した方が金利が安くなります。保証人を要求するローンでは、キャッシングと比べて金利が低く設定されます。

 

貸し倒れになる可能性が低いからです。融資を行う側はこの貸し倒れになることを一番嫌います。例え本人が返済不能になったとしても、その代わりに支払ってくれる人物が存在するということは、貸した側からは文字通りの保証となります。

 

保証人で金利が優遇されます

キャッシングの際には必要にならないこの保証人ですが、無担保・保証人なしでは貸し倒れになるリスクも考え、どうしても金利が高く設定されています。

 

銀行では高額の融資の際に保証人を立てることで金利が低くなるケースや、また保証人が必要な金利が低い各種のローンもありますので、保証人が用意できる人はキャッシングだけに拘らず、そういったものを利用することも考えてみてもいいと思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日