MENU

信用情報機関に登録される事故情報とは

キャッシング会社で、滞納を繰り返したり、債務整理すると、事故情報として信用情報機関に登録されます。この信用情報は、各キャッシング会社が顧客の情報を管理しているだけではなく、信用情報機関というところに登録して、加盟している金融機関同士で情報を共有しあうというものです。

 

信用情報機関イコールブラックリストということではなく、申し込み情報から事故情報まで全ての情報が登録されている機関なのです。

 

その情報機関とは?

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社日本信用所養蜂機構)

 

この3つの機関に登録される信用情報により、加盟している金融機関が個人の支払い能力を正確且つ、迅速に判断することができるのです。

 

信用情報機関は、単に金融機関側の判断材料となるだけでなく、個人の支払い能力を超えた無理な取引を抑制し、未然に多重債務による破産を防ぐ機能も果たしているとも言えます。

 

  • 公共料金の返済遅延
  • スマホや携帯の本体の返済遅延
  • クレジットカード会社での限度額を超える利用と滞納
  • 学生時代の奨学金の返済遅延

 

公共料金や携帯の未払いは、誰でも1度はありそうですよね。それに、クレジットカード会社での滞納は、キャッシング申し込みとは別個の問題だから関係ないと思ってしまう方もいるのではないでしょうか。返済する気がないのではなく、仕事が忙しくて返済がちょっと遅れただけと、いうことは誰にでもあることですが、返済遅延や滞納を何度も繰り返していると、事故情報として登録されてしまうのです。

 

事故情報は、未来永劫登録される訳ではありません。事故の軽重によって、ある一定期間が経つと情報が消えるようになっています。ですから、事故情報が消えたら、再度申し込みをすることができるのです。しかし、事故情報を起こしたために、本当に借り入れが必要な時に審査に落ちてしまったら困るのは自分自身です。

 

  1. キャッシング会社では事故情報を起こしていないから大丈夫と考えてはいけない。
  2. 事故情報が登録されたら、消えるまで待たなくてはいけない。
  3. 公共料金や携帯の返済を滞納しても事故情報となります。

 

結論

いざという時のために、信用情報に傷を付けないことが大切です。それから、自分の信用情報を知っておくことも時には大切です。申し込みをした金融業者がどこの信用情報機関に登録しているのかを知っていれば、自分の事故情報が登録されていない信用情報機関に加盟している金融業者を利用するという方法で、乗り切ることもできます。また、信用情報機関に自分の情報を開示請求する場合は、ネット・郵送・窓口で手続きをして、有料にて請求となります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日